知って得する!新築一戸建て購入に失敗しない方法

注文住宅の注意

新築一戸建ての注文住宅を聞くと、自分の好みの家を建てることができると考える人が多くいます。それは間違ってはいないのですが、自分の好み通りに設計をしてしまうと、失敗をしてしまう恐れがあります。そのため、注文住宅には注意が必要です。

住宅の購入方法を比較しよう!

中古一戸建て

中古の大きなメリットは費用が安いことです。また、建物が完成している状態なので、物件をしっかり確認することができます。こだわりがある場合には、リノベーションが可能なので、新築同様の性能を得ることができます。

新築一戸建て

新築で建てることによって、最新の設備を導入することができます。また、最新のものを使うことによって費用は掛かってしまいますが、維持費を安く抑えることができます。税制上の優遇も受けやすいのでオススメです。

知って得する!新築一戸建て購入に失敗しない方法

積み木

土地に合った家の計画

久留米で家の設計をする際には、図面に間取りを書きおこしていきます。しかし、その場合、図面ばかりに気を取られ、土地の状態を確認しない人が多くいます。土地の状態を確認しないと、「隣に高い建物があり日が入らない」「隣の家と窓が向かい合い、カーテンが空けられない」という失敗をしてしまいます。そのため、現地に足を運び、土地に合った家の計画をしましょう。

アフターフォローが充実している業者

家を建てるまでの間だけではなく、完成した後のフォローの充実度が大切です。施工能力が高くても、月日が経つと建物は劣化していきます。そういった時には、家を建ててもらった業者への修理の依頼をすることが、安心です。家が完成して十年二十年と長く付き合って行ける業者を選びましょう。

返済計画

注文住宅のみならず、枚方市で新築一戸建てを購入する際には、予算の確認が大切です。自分の理想を追求したあまりに、ローンの返済が負担となってしまう場合が多くあります。予算を100万円オーバーしていた場合、月々の返済額が数千円上がる程度のため、負担は少なく感じます。しかし、将来的には住宅ローンの返済以外に、お子様の教育に掛かる資金が必要になります。将来的な面も考えて、返済計画を建てましょう。

こだわり過ぎた注文住宅

注文住宅でやってしまう失敗の一位が、「こだわり過ぎ」です。注文住宅では、希望通りの家を建てることができるので、自分の生活や好みに合わせて家を建てる人が多くいます。しかし、好みで家を建ててしまうと、売りにくくなってしまいます。一生住む家として購入する人が多いため、中古で売りに出したとしても、シンプルで住みやすい家が選ばれます。

建売の新築物件を購入するまでの流れを確認しよう!

購入物件を選ぶ

家を購入する前には、物件選びをしていきます。その際には、サイトなどを利用して、自分で探すことも可能ですが、仲介業者に依頼することも可能です。また、気になる物件がある場合には、見学をすることもできます。

購入の申し込み

購入する物件が決まると、販売契約を結びます。その後、住宅ローンの申し込みをし、承認されると、ローン契約成立です。住宅ローンによっては、つなぎ融資が必要になる場合があるので、注意が必要です。

引き渡しまでの手続き

物件の完成前に契約を行なった場合には、引き渡しの前に内覧チェックがあります。その際には、建物の状態や仕上がりを確認し、問題がなければ、契約という形になります。